尊厳死宣言公正証書について

厳死とは、普通、ガンなどの回復の見込みがない重篤な疾病のため末期状態にある患者につき、生命維持装置等による延命のためだけの治療を中止し、人間としての尊厳のもと、生に終止符を打つことをいいます。 

患者本人としても少しでも長生きしたいというのは本能ですが、もし自分が回復の見込みがない末期状態に陥ったときには、機械に生かされているような情けない状況を回避したい、また過剰な末期治療による家族への精神的経済的な負担や、公的医療保険などに与える社会的な損失を避けたいという考えを持つ人が増えてきたようです。

尊厳死宣言公正証書とは,本人が自らの考えで尊厳死を望み延命措置を差し控え、中止してもらいたいという考えであることを公証人の面前で宣言し、公証人がこの事実を公正証書として記録するもので、いわゆる事実実験公正証書の一種です。

治療にあたる医師の立場としては、回復の可能性がゼロかどうか分からない患者の治療をやめてしまうのは医師としての倫理に反すること、どのような形であれ現に生命を保っている患者に対し、死に直結する措置をとる行為は殺人罪に問われるおそれがあることなどから、尊厳死宣言公正証書を作成したからといって必ず尊厳死が実現できるとは限りません。 

尊厳死の普及を目的とする日本尊厳死協会の機関誌「リビング・ウィル」のアンケート結果によれば「尊厳死の宣言書」を示した場合における医師の尊厳死許容率は平成15年には95.9パーセント、平成16年では95.8パーセントに達するということです。尊厳死宣言公正証書のサンプルは次の通りです。 

  

__sozai__/0011816.png 尊厳死の宣言等に関する公正証書
本公証人は、嘱託人●●●●の嘱託により、平成●●年●月●日、標題の件に関し、以下のとおり陳述を 録取し、私権事実に関する公正証書を作成する。

第1条 私●●●●は、私の病気が不治であり、かつ、死が迫っている場合に備えて、私の家族及び私の治療に携わる方々に自ら死の在り方について、次の通り希望を申し述べます。 

 
1. 私の病気が、担当医師を含む2名以上の医師の一般に認められている医学的知見によって現代の医学では不治の状態にあり、死期が迫っており、延命措置を行うと否とにかかわらず死に至り、そのような延命措置の実行は、単に死の過程を人工的に引き延ばすだけであると診断された場合には、苦痛を伴う手術や延命のみを目的とする措置は行わないで、苦痛を和らげる措置を執って、人間としての尊厳を保った安らかな死を迎えることができるように御配慮ください。

第2条  私がこのような尊厳死を望む理由は、自己の人生の最後の在り方は自己の意思によって決めたいからであります。私がこのような気持ちになった動機は、病気や交通事故で不自由な身体となり、悲惨な生活を送っている人の話がひっきりなしに新聞やテレビで報道されていること、病気などで植物人間になれば、家族が介護することは身体的にも 又経済的にもとても無理であることなどの事情によるものです。

第3条  私の家族である(1)長男●●●●(昭和●年●月●日生)(2)長女●●●●(昭和●年●月●日生)は私がこのように尊厳死を真剣に願っていることを理解し、私の末期医療に際して、その治療に当たって下さる医師の方々にその意思に沿った措置をとり延命措置を施さないよう申立てることを是非お願いします。

第4条  担当医師におかれましては、私の意のあるところをお汲み取りいただき、本公正証書に基づき、最大限前述した私の意思が尊重されることを期待いたします。

第5条  私のこの宣言による要望を忠実に果たして下さる方々に深く感謝申し上げます。そして、その方々が私の要望に従ってされた行為の一切の責任は私自身にあります。警察、検察の関係者におかれましては、私の家族や知人、医師が私の意思に沿った行動を執ったことにより、これらの者を犯罪捜査や訴追の対象とすることのないよう特にお願いします。

第6条 このような希望は、私自身の精神が健全な状態にあるときに私自身が破棄するか、又は撤回する書面を作成しない限り有効であることを明らかにしておきます。

▲このページのトップに戻る