深夜酒類提供飲食店営業届(バー営業など)

夜酒類提供飲食店営業(バー営業等)とは、午前0時から日の出までの時間に酒類を提供する飲食店(バー・居酒屋等)の営業のことをいいます。この深夜酒類提供飲食店営業開始届は、営業開始の10日前までに届出が必要になります。

  • 主にお酒を提供することを目的としないレストラン、ラーメン店などの飲食店は、深夜酒類提供飲食店営業から除かれます。
  • 深夜営業(深夜0時から日の出まで)を行わない居酒屋・バーなどは食品営業許可のみで営業することができますが、深夜(午前0時以降)を営業するのならばこの深夜酒類提供飲食店営業として届出が必要です。

同一の営業所(店舗)において風俗営業許可と併せて申請しても受理されません。深夜0時までは接待の出来る風俗営業、それ以降は深夜営業として2部制で営業することはできないので、どちらかを選択することになります。

  • ガールズバー
    いわゆるショットバーなどで接待をしない女性バーテンダーがいるというお店であれば、保健所の食品営業許可と深夜酒類提供飲食店営業開始の届出をすることによって午前0時以降も営業することができます。
    しかし、クラブやキャバクラのように女性がお客様の隣に座って接待(お酒を注いで談笑したりするなどの行為)をする場合は「1号営業」または「2号営業」の風俗営業許可が必要となります。
  • ダーツバー
    デジタルダーツ(ソフトダーツ)機器は遊戯設備(ゲーム機器)に該当しますので、基本的には風俗営業許可の「8号営業」が必要となります。
    ただし、例外として風俗営業法では、当該機器の占有面積が客席面積の1/10以下の場合(10%ルール)は風俗営業許可を要しないことになっています。なお、
    ダーツ機器1台の占有面積は約2.1u(0.63坪)とされています。
    ・10%ルールをクリアできない場合は「8号営業許可」の取得が必要であり、午前0時以降の深夜営業はできません。
    ・10%ルールをクリアできる場合は「深夜酒類提供飲食店営業」届をすれば、午前0時以降の深夜営業ができますが、設置できるダーツ機器が少なくなります。
    最近ではダーツバーに対する当局の取締りが強化される傾向にありますので、新規に開店を予定されている方は、管轄警察署(公安委員会)の意向を十分に把握してから、申請を慎重に考える必要があると思われます。

__sozai__/0011816.png深夜酒類提供飲食店営業開始届出の要件

 __sozai__/0012127.png営業所の設備要件

  • 客室の床面積が9.5u以上であること(客室が1室の場合は制限はありません)
  • 客室に見通しを妨げる設備(概ね1m以上)がないこと
  • ショーを見せるなど、深夜において客に遊興させないこと
  • 営業所内の照度を20ルクス以下としないこと 
  • 騒音または振動を条例で定める数値以下とすること

 __sozai__/0012127.png場所的要件(神奈川県の場合:各自治体の条例により要件は異なります)
  原則的な営業禁止区域は以下の通りです。

  • 「住居専用地域」
    第一種低層住居専用地域
    第二種低層住居専用地域
    第一種中高層住居専用地域
    第二種中高層住居専用地域
  • 「住居地域」「準住居地域」
    第一種住居地域
    第二種住居地域
    例外として商業地域の周囲30m以内の「住居地域」「準住居地域」は営業可能です。 

 __sozai__/0012127.png人的要件
   風俗営業許可と違い人的欠格要件はありません。

 __sozai__/0012127.png届出に必要な書類

  • 営業開始届出書
  • 営業の方法
  • メニューの写し
  • 営業所平面図、営業所面積求積図、客室面積求積図、音響照明設備配置図
  • 申請者の住民票(本籍地記載)、外国人の場合は在留カードの写し、又は外国人登録原票記載事項証明書 
  • 保健所の飲食店営業許可証の写し

  <申請者が法人の場合上記に加えてさらに必要な書類>

  • 法人登記簿謄本(登記全部事項証明書)、法人の定款の写し(原本確認が必要)
  • 役員全員分の本籍地記載住民票、外国人の場合は在留カードの写し又は外国人登録原票記載事項証明書  

__sozai__/0011816.png 深夜酒類提供飲食店営業開始届出の流れ

  1. ご依頼さまからのご相談:深夜酒類提供飲食店営業の各要件について確認します。
     
  2. ご依頼の受任:実際に営業所を訪問し届出書類、各種図面作成のための測量を行います。 
     
  3. 保健所の食品営業許可の申請(新規の場合)
    深夜酒類提供飲食店営業開始届に必要になりますので保健所の食品営業許可を取得します。
     
  4. 深夜酒類提供飲食店営業開始の届出:届出のあと、10日後から営業が可能になります。 
     
  5. 深夜酒類提供飲食店営業において次の事項の変更があった場合は、10日以内(法人の名称、住所、代表者の氏名の変更であれば20日以内)に変更届出をしなければなりません。
    ・氏名及び住所(法人の場合はその名称及び住所並びに代表者の氏名)
    ・営業所の名称
    ・営業所の構造及び設備の概要

 __sozai__/0011816.png 深夜酒類提供飲食店の廃止
  営業を廃止した際には、廃止した日から10日以内に廃止届出書を提出します。


弊事務所がいただく報酬には、新規に開業される場合の保健所の「食品営業許可」や申請図面の作成費用も含まれていますので無駄がなく、効率的です!

  • バーなどの新規開店申請は実績のなぎさ法務事務所をご利用ください!

 



                    

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
ご連絡は、お電話または下記のご予約フォームよりお願いいたします。

 
お電話でのご連絡はこちら
0465-46-9222

受付時間 : 9:30〜18:00(日,祝祭日は除く)

担当 : 小泉(こいずみ)

 

フォームよりご連絡いただいたお客様には、3営業日以内にこちらから改めてご連絡させていただきます。

  許認可申請サービスのトップページはこちらへ

▲このページのトップに戻る