車庫証明・希望ナンバー取得代行

車庫証明とは自動車の保管場所を確保した証明書であり、普通自動車を登録する際に原則必要なものです。

弊事務所の車庫証明業務につきましては、湯河原町・真鶴町・箱根町(足柄下郡)南足柄市、小田原市、大井町・松田町・開成町・中井町・山北町(足柄上郡)熱海市、伊東市等に対応させていただいておりますので、どうぞご利用ください。

 パスポート申請の代行も承りますのでご利用の方はこちらへどうぞ。
  (
ご対応地域は限定しておりますのでご了承ください)

車庫証明申請の流れ
STEP1

車庫申請に必要な関係書類を送付していただきます。申請用紙がない場合は弊事務所からお送りしますのでお問い合わせください。

__sozai__/0011816.png自動車保管場所証明申請書(4枚綴り):神奈川県の場合

  • 1枚目(白):自動車保管場所証明申請書(陸運支局提出用)
  • 2枚目(黄色):自動車保管場所証明申請書(警察署長提出用) 
  • 3枚目(白)保管場所標章申請書(申請者保管用)
  • 4枚目(ピンク)保管場所標章申請書(警察署長提出用) 
  小田原警察署では他都道府県の申請用紙での申請も受付けています。

      自動車保管場所証明申請書(保管場所標章交付申請書)及び記載例

 申請書作成上の注意点

  • 使用の本拠の位置(申請者の印鑑登録をしている地番、住居表示)は、原則として自動車の保有者若しくは管理責任者の所在地になります。
    地番と住居表示
    地番とは・・
    地番とは一筆(土地を数える単位)の土地ごとの番号で、不動産登記の際に使用するものです。市・区・町・村・字にあたる地域によって地番区域を定めています。一般的には○○町××番(地)△という形で表示されます。
    住居表示とは・・
    住居表示とは「住居表示に関する法律」に基づいた住所の表し方で、建物ごとに番号をつけて表示しているものです。一般的に○○町丁目×△(号)と表示されています。(×番は街区符号、△号は住居番号です) 4階建て以上かつ20戸以上の中高層住宅の場合は住居番号が「基礎番号」となり、その後に部屋番号をつけます。
    因みに、地番ではなくこの住居表示を本籍地とする場合は街区符号までとします。なお住居表示の番号は建物につけられる番号ですので、建物のない土地には関係がありません。

    <保有者が個人の場合>
    通常その住所又は居所になります。個人の場合は居住の実態があることが必要です。
    <保有者が法人の場合>
    その主たる事務所、本店(本社)又は従たる事務所(支店営業所等)の所在地をいいます。法人の場合は営業の実態があることが必要です。
  • 倉庫のみの場合の申請はできません。
  • 「申請者を本店、使用の本拠の位置を支店」で申請する場合
    申請書の申請者欄には登記簿または印鑑証明の住所、法人名を記載します。実際に車を使用するのが支店や営業所であっても、申請者欄には本店の住所名称を記載することになります。
  • 「申請者の住所と使用の本拠の位置が異なる場合」「本店又は支店登記がなされていない営業所等の住所で申請する場合等」には、以下の疎明書類(所在証明)が必要です。
    ・法人所在証明書の写し
     「法人所在証明書」とは法人住民税の申告に基づき、市町村が法人の事業所等
     について所在の証明をするもので、どなたでも請求することができます。

    ・使用の本拠の位置の住所の記載があるNTT・電気・水道料金等のライフライ
     ンに関する領収書、口座振替済通知書等の写し
    ・最近の消印のある郵便物の写し:原本提示が必要です
     3ヶ月以内の消印付きの差出人の異なる郵便物が2通必要な場合もあります。
    ・営業証明書の写し
  • 「建物建築中の場合」の申請は、原則「仮住まい」で申請します。
    ・使用の本拠:「仮住まい」→ 車庫:「仮住まい」
    ・使用の本拠:「仮住まい」→ 車庫:自動車の保管が可能で仮住まいとの距離が2km以内の場合は「新築中の住居の車庫」
  • 「単身赴任等の場合」の申請例
    住民登録が神奈川県・赴任先が青森県の場合は、使用の本拠は青森県になります。この場合、勤務先の在籍証明書(1年以上)青森県への配属・配置に係わる辞令の写しなどが必要になります。 
  • 自動車保管場所(駐車場の所在地地番)は使用本拠の位置と同じでも「同上」とは記入せず、所在地地番を記入します。
  • 申請日・名前名前の上に必ずフリガナをふる)・電話番号を記入し、印鑑(認印)を押印します。法人の場合はその法人名と代表者の名前を記入してフリガナをふります。
    ・神奈川県の場合は3枚目まで押印する。(ピンクの用紙には押印しない)
    静岡県の場合は4枚目まで押印する。
    ・申請書の訂正には、押印した印での訂正が必要ですが(1~4枚目まで)基本的に記入ミスの場合は書き直します。
  • 新車等で申請時に車台番号(フレーム)が不明で後日分った場合は、証明書の交付予定日以降に警察署に出向き車台番号を記入します。
  • 委任状は弊事務所に申請書などを作成依頼される場合に必要です。委任状がある場合には、自動車保管場所証明申請書を事前に用意していただく必要ありません。委任状の欄外に捨て印をします。
__sozai__/0011816.png所在図・配置図                所在図・配置図及び記載例
  • 使用の本拠の位置から自動車保管場所までの直線距離は2kmを超えないこと。間に河川、鉄道線路、建物があっても構いません。
  • 「支障なく」24時間出入りが可能なことが必要です。
  • 縦列駐車の状態で同居の親族などが所有・使用する自動車を移動しないと出入りができない場合であっても、キーを相互に管理して容易に自動車の移動ができれば「支障ない」とされます。
  • 保管場所(駐車場)、入り口、前面道路の寸法を記入する。また屋根、シャッターの有無も記入します。
  • 代替車(車庫証明申請時に申請用紙に記入した以外の車)があるときは、その車名・ナンバー・色を記入します。
__sozai__/0011816.png保管場所使用承諾証明書(または駐車場契約書の写し)
                     保管場所使用承諾証明書及び記載例
  • 「保管場所使用承諾証明書」は駐車場を借りている場合に必要です。自動車保管場所の契約期間は最低1ヶ月以上は必要です。
  • 親族が駐車場の所有者のときは申請者との関係を記入します。
  • 共有の場合は共有者全員の住所氏名を記入します。
  • 駐車場契約書(写し)は保管場所の位置・契約期間・貸主・借主(申請者)の記名押印があるものが必要です。  
__sozai__/0011816.png保管場所使用権原疎明書面(自認書)
               保管場所使用権原疎明書面(自認書)及び記載例  
「自認書」は申請者所有の土地を車庫にする場合に必要になります。申請者が同居の親族の場合にも必要です(一緒に住んでいる場合のみ)  

__sozai__/0011816.png車検証
 車台番号や車の大きさ等の確認の為に必要です。(中古車の場合) 

__sozai__/0011816.png必要に応じて印鑑証明書(写し)または住民票(写し)
STEP2

弊事務所にて現地調査(必要に応じて書類作成)を行い、問題がある場合はご依頼者様にご連絡します。

STEP3

代金のお支払をお願いします。(振込み・現金書留)

STEP4

管轄警察署に申請します。(小田原警察署・熱海警察署等)

  • 神奈川県は原則、中2日(土日除く)で交付 (証紙代2,600円)
  • 静岡県は原則、中3日(土日除く)で交付 (証紙代2,700円)
STEP5

車庫証明等書類の受領、ご依頼者様へ送付・納品をします。

軽自動車の車庫証明届
神奈川県内では、横浜市,川崎市,藤沢市,横須賀市,相模原市,平塚市,厚木市,大和市,茅ヶ崎市,小田原市,鎌倉市,秦野市,座間市,海老名市の各地域に使用の本拠の位置がある場合、以下の場合に「届出」が必要です。
  • 新車(中古車)を購入したとき・名義人を変更したとき
  • 車検証の住所変更をしたとき・保管場所を変更したとき
保管場所の要件
  • 使用の本拠の位置から保管場所までの距離が直線2km以内であること。
  • 24時間出し入れが自由であること。
  • 申請する車の保管、出し入れに必要なスペースがあること。
  • 申請者に保管場所の使用権限があること。
希望ナンバー取得
希望ナンバー制度とは自動車・軽自動車のナンバープレートに自分の希望する番号をつけることができるものです。(二輪車は対象外です)   
希望ナンバー制を利用できる場合
  • 新規登録を行う場合。
  • 管轄変更を伴う名義変更(移転登録)または転居による住所変更(変更登録)を行う場合。 
  • 現在のナンバープレートが破損、汚損した場合。 
  • 登録自動車と軽自動車が対象となります。ただし、軽自動車は自家用自動車のみが対象となります。 
  • 二輪自動車は対象外です。 
希望できる番号 
  • 4けた以下のアラビア数字(一連指定番号)の部分のみ自由に選べます。地域名表示・分類番号・ひらがなは選べません。 
希望番号の種類
  • 希望番号には抽選対象希望番号と一般希望番号とがあります。
  • 抽選対象希望番号とは、特に人気が高いため、自家用自動車に限り、毎週1回月曜日に抽選を行い、当選した方のみが取得できる番号を言います。(事業用自動車は抽選対象外です。)
    全国一律の13通りのほか、特定の地域名表示に限り抽選対象希望番号が追加設定されています。 また
    「3」「5」「9」「11」「33」「55」「77」「111」「1000」「1001」「1122」「1188」「2525」「8008」も抽選対象となっております。その他の一般希望ナンバーについては、番号がなくならない限り申込みに応じて払い出します。 
料金
対 象 地 域 料 金
湯河原町・真鶴町・箱根町(足柄下郡)・熱海市・伊東市 7,000円
小田原市・南足柄市・足柄上郡 8,000円
希望ナンバー取得 5,000円
軽自動車 / 軽自動車登録 5,000円
  • 証紙代、送料、交通費等の実費は別途になります。
  • 「配置図測量作成(cadにて作成)」「所在証明取得」「保管場所使用承諾証明書・自認書取得」「申請書作成」等を弊事務所にご依頼の場合は、追加料金として各1,000円 いただきます。
  • 希望ナンバー取得には、上記料金の他に交付手数料として、中型番号標「4,100円+振込手数料」大型番号標「4,840円+振込手数料」がかかります。
  • ディーラー様で継続してご依頼の方は、2回目より上記料金の10%off になりますのでご利用ください。 



                   

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
ご依頼の連絡は、お電話または下記のご予約フォームよりお願いいたします。

 
お電話でのご連絡はこちら
0465-46-9222

受付時間 : 9:30〜18:00(日,祝祭日は除く)

担当 : 小泉(こいずみ)

 

フォームよりご連絡いただいたお客様には、3営業日以内に
こちらから改めてご連絡させていただきます。

  許認可申請サービスのトップページはこちらへ

原付バイク登録代行

弊事務所の原付バイク等の登録代行につきましては、業務の都合上、対応地域を限定させていただいております。標識は原則、即日の交付です。登録申請代行料は5,000円になります。(実費別)

__sozai__/0012127.png役所で手続きができる原付バイク、小型特殊自動車の種類 

  • 排気量が125cc以下の原動機付自転車
  • 排気量が20cc超、50cc以下で3輪以上の原動機付自転車(ミニカー)
  • 最高速度が時速15km以下の小型特殊自動車(フォークリフトなど)
  • 最高速度が時速35km以下の農耕用小型特殊自動車(トラクターなど)

__sozai__/0012127.png新規登録(ナンバーのない原付バイクなどを購入したとき)に必要なもの

  • 所有者の印鑑
  • 販売証明書(申請書の販売証明欄に販売店を押印してあれば不要)
  • 代理人による申請の場合、代理人の印鑑
  • 車体番号の石ずり(車台本体に打刻されている車台番号に白い紙などをあて、鉛筆などで上から擦って車台番号を浮き上がらせたもの)が必要な自治体もあります。

__sozai__/0012127.png名義変更(原付バイクなどを譲り受けたとき)に必要なもの

  • 譲渡証明書(標識交付申請書に前所有者の記名・押印があれば不要)
  • 新しい所有者の印鑑
  • 代理人の印鑑(代理人が手続きする場合)
  • 廃車証明書 (廃車済の場合)
  • ナンバープレート(湯河原町・真鶴町・熱海市のナンバーの場合は不要)
  • 標識交付証明書(未廃車の場合)

__sozai__/0012127.png原付バイクなどを譲り渡すときに必要なもの

  • 廃車してから再度登録する場合は、廃車手続きを行い、「廃車証明書」 を新住所地の市区町村に提出して手続きをします。
  • 廃車せずにナンバープレートを付けたまま住所変更登録をする場合は、「標識交付証明書」と「ナンバープレート」を新住所地の市区町村に提出します。
  • 一部の市区町村では未廃車の車両の住所変更登録ができません。その場合は廃車手続きをしてから再登録をします。

__sozai__/0012127.png住所変更・氏名変更(転居、婚姻など)に必要なもの

  • 印鑑(氏名変更の場合、旧姓の印鑑は不要)
  • 代理人の印鑑(代理人が手続きする場合)
  • 廃車証明書 (廃車済の場合)
  • ナンバープレート(湯河原町・真鶴町・熱海市のナンバーの場合は不要)
  • 標識交付証明書(未廃車の場合)

__sozai__/0012127.png廃車にする場合に必要なもの

  • 印鑑
  • 代理人の印鑑(代理人が手続きする場合)
  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書(紛失した場合は不要)

__sozai__/0012127.png標識の再交付(ナンバープレートを破損、盗難、紛失したとき)に必要なもの

  • 印鑑
  • 破損したナンバープレート(破片がある場合)
  • 標識交付証明書(証明書がない場合はナンバーもしくは車台番号がわかるもの(石刷りなど)
  • 代理人の印鑑(代理人が手続きする場合)
  • 盗難の場合は警察への盗難届の「届出日」「届出警察署名」「受理番号」が必要になります。

 



                    

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
ご連絡は、お電話または下記のご予約フォームよりお願いいたします。

 
お電話でのご連絡はこちら
0465-46-9222

受付時間 : 9:30〜18:00(日,祝祭日は除く)

担当 : 小泉(こいずみ)

 

フォームよりご連絡いただいたお客様には、3営業日以内にこちらから改めてご連絡させていただきます。

  許認可申請サービスのトップページはこちらへ

▲このページのトップに戻る